―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
【'16 11/4】(ちょっと番外的に)下北半島プチハウスとはね。
※前回⇒http://chabonline.exblog.jp/26668059/
11月の青森の旅の話なのですが、少し系統の異なる話をするので便宜上カテゴリを変えています。

通常モードの続きはこちら⇒http://chabonline.exblog.jp/26706031/






【2016年11/4(金)】
宿を出て大間方面へ車を走らせていると、時折窓の広い小屋を見かけました。駐車場とかで守衛さんが待機するような感じの小屋です。そのうちのいくつかでは人が待機していて、お姉さんっぽかったです。「交通監視小屋」と書いてありました。一体何を監視しているのかと思ったら、道路を通行するトラックやトレーラーのマナーをチェックしているてきな看板をどこかで見かけました。そういえば、この国道って結構デッカイ車の往来も多いんですよね。

それらの車の行先は今も大間で建設中の発電所であり、その小屋は工事に従事する車のチェックをしているのだと分かりました。ええ、当方も前から名前や存在だけは知っていました。当初の予定では2012年に運転開始するはずだったらしいです。その前に恐ろしい「あの日」が来てしまった訳です。工事は一旦中断されたものの、平成24年後半(あの日から約1年半後)に工事を再開しました。運転開始予定が一度2014年に延びた後、現時点では未定扱いとなっています。それでも、今も工事は続いているようです。敷地前の道路を通りがかりました。木々に囲まれ、設備は丘の下のようですから何も見えませんでしたが、雰囲気だけは分かりました。僅かな時間で通りすぎましたが、何とも複雑な心境でした。特段馴染みのある場所ではない当方にとやかく言える権利はありませんが、函館からも漁場からも近いこの場所に何故?という疑問は正直言ってとても拭えるようなものではありません・・・。ただ、これらの工事や関連事業で生活費を稼いでいる地元の方々がいることも事実。ポシャるならば代替の産業が必要になるでしょう・・・。観光や漁業でメジャーと思えそうな町ですが、地理的条件から考えると経済活動をするには結構厳しい場所なのではないかと思います。とはいっても、だからといってあれらの発電所を推し進めることが本当にこの街にとっていいこととは、やはり思えないのです。。。地元の生活の実情と照らし合わせると、もう多分何も言えなくなってしまうかもしれません。大変難しい話ですね。むつ市内にも発電所関連の貯蔵施設などが作られているようです。前日に物々しいフェンスに囲まれた設備の前も通りがかりました。むつ市も同様に財政や地域内の経済について難しい状況にあるのだろうと想像します。

津軽海峡トンネルが出来て新幹線も通るようになった津軽半島では、そうした話はトンと聞きません。そういったものに頼らずとも産業があるからなのでしょうね・・・。一方で鉄路を函館方面へとつなげていく夢が事実上潰えてしまった下北半島。何というか、海を隔てて対照的なものを感じました。過疎化や景気の悪化によって、すがらざるを得なかったのが発電所関連なのかもしれないと思うと・・・。

ただ、結局のところ「ダメなものは何やったってダメ」だと思います。。。(´∋`)

幾ら化石燃料を使わなくて温暖化抑止になるのだとしても・・・最終的に出てくるゴミを片付ける方法とサイクルが確立されておらず、想定外の事象が発生すると誰にも手が付けられなくなり、全世界的に影響が及ぶ可能性さえある発電技術は超長期的な運用としては破綻しています。ここから良くなる方向に向かう可能性があるとしたらただ1つ。この国が危ない廃棄物を劇的に無毒化できる技術を確立できるならば、世界はまだ救われる道があるでしょう。果たして、そんな可能性はどれほどのものなのでしょうか・・・?

物凄く穿った見方をすれば、この国は下手すると近い将来に世界の「夢の島」として扱われる可能性があります。自国の産業が全部詰んでどうにもならなくなったならば。あの日、大雨の中で通りがかった村にある大規模な設備がこの国の各地に作られ、世界中から運ばれてくる。この国に暮らす人間は夢の島の上で、いつ起きるかも分からない悪夢に怯え、もしくは悪夢などないと思い込んで生きていくしかなくなるかもしれない。そうなったらおしまいでしょうね。

いや・・・もう既に悪夢は始まっているのかもわかりません・・・。ただ、悪夢があるとしてもここから逃げる気はありません。逃げた所で逃げ切れるものでもないと思います。いくらかマシか、マシじゃないかの差でしょう。あのスケールになってしまうと、もうできることなんてないでしょうね・・・。

また収拾がつかなくなるところで行きましたので、色々と思いを巡らせながらあの日から6年の日を迎えたいと思います。

ハッピーさんを思い出しました。最近もつぶやいていらっしゃるようなのでお元気なのでしょう。少し安心しました。


東芝に関しては、ここまで来てしまったか感があります。支援は入ると思いますが、これから一体どうするんでしょうね・・・。
当方が初めて買ったパソコンは東芝のdynabookです。パラちゃんも好きでした。
このブログは元は海芝浦の名を冠していたのです。
それだけに、残念でなりません。

※小屋について参考になった記事がありました。情報ありがとうございます。

今回はディープな話をしました。次回は楽しい旅の続きです(・∋・)

提出。
(適当に続く)

[PR]
by CHABO-online | 2017-03-08 23:57 | 企業とか社会時事とか
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-

<< 【'16 11/4】ジ... 【UTLTC】My星取表 3/... >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.