―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
雪にいどまれる(;・∋・)(・ω・;)
【微妙に後日投稿ですw】

どうも(・∋・)ノ
国道353号線の魚沼スカイライン十二峠入口付近から生還した管理人です(爆)
雪見&鉄見ドライブに出かけて日付が変わる前ギリギリに帰宅しました。

小出駅に着いた時点で既に只見線(小出側)と上越線(水上~新潟方面)は大雪で運転見合わせでした。只見線小出方面は全線運休決定していました。上越線は夕方からの再開を目指すとしていましたが、結果的に終日運休となりました。飯山線もお昼前には大雪で運休でした。んまぁこれだけスゴイ雪ですし、これからも物凄く降るということでしたからしょうがないですよね。上越線と只見線の車両は小出駅でバッチリ撮ってきました。(旦那殿に聞いてもらったのですが入場券は[運休しているからなのか]要らないですよと言われてしまったっぽいです。。。運休していたので券売機もお休みしちゃってました。お金が落とせなかったので次来たときは小出駅で切符買いたいと思います。というかまたボチボチ只見線の宣伝しときますのでお代がわりとさせて下さい今回はm(_ _)m)今日遅れながらも何とか運転していたのは北越急行ほくほく線でした。そこらへんは後で別記事に書きます。。。(;´∋`)






1/14(土)エクストリーム雪見ドライブのループロ(滝汗)

小出IC→小出駅→十日町駅→うらがわら駅→大島青空市場→ミオンなかさと(温泉)
→雪道との激闘約1時間(何)→湯沢ICから上越道→赤城SAで晩御飯
といったところでした。
b0013293_01551860.jpg
青い線が雪だった区間です。
通常は国境の長いトンネルを抜けたら・・・なんですが、赤城高原が本気出してました。
あの辺から標高ががっつり上がるので、ですよねーーーでした(滝汗)
赤城高原の手前から割とヤバイ状態だったので、既に諦めて停まってる車がいたりしました。
その後の道中でもハマっている車は高速・一般道問わずいました。

十日町→うらがわらの道が結構山だったらしく2回くらいハングしかけたらしいです(滝汗)「電車は早くて良いねー。。。(´ω`)」こういう時は電車最強なんですよね。特に並行する道路が山道で雪がスゴイ状態だと。帰りに一緒に乗っててヤバさがよく分かりました。折り返しの列車に乗って十日町に戻って来た方が早かったかもしれません。でも、もしそうだったら大島青空市場で美味しい物にありつけなかったと思いますので、これはこれで良かったんだと思います。

帰る前に日帰り温泉の「ミオンなかさと」でひとっ風呂浴びて行きました。

だがここからが本当の地g(ry)でした。

ナビがそこから示した経路は国道353号線を走って石打駅あたりに出てくるコースでした。
行ってみたら途中から明らかに道の雰囲気が変わっていて、雪がモッコモコでした。
勿論除雪は入っていましたが、追い付かないくらい降ってたってことですね。
で、この峠道ルート上で2回ハマりましたorz

1回目は多分ここら辺。
b0013293_02284876.jpg
あれれ登れない?ってことで、悪戦苦闘の末に反対車線を走行することで登りました。(偶然通りがかった某放送局の方々が手伝って下さいました。ありがとうございました。もしテレビで青い普通車が雪道でドハマってるシーンが流れたら、それ多分僕らの車だと思います[爆])

が、そこで終わんなかったんですよ。

2回目は多分ここら辺です。
b0013293_02335109.jpg
1回目のドハマリから抜け出した際にそこそこ良い感じで進み左側に一応復帰はできたのですが、旦那殿を置いてって走っていた状況だったが故カーブのところで一瞬ためらって広めの場所で止まってしまったんですね。で、雪だまりにまたハマっちゃったとorz

引き続き当方がハンドルを握り、旦那殿が雪かき+あれこれ手を尽くす中で脱出を試みました。
前進して踏んでダメなら後退で踏んで。これの繰り返しです。ダメなら踏み過ぎずに一旦諦めること。これが大事らしいです。あまり空転するとタイヤのゴムが摩擦熱ですり減ってしまいます。なのでタイヤの雪をどかしたり、タオルや木の板を当てたりしてタイヤと地面がかみ合うようにさせると。そんでもって、前進と後退を交互に踏んで、車体を揺らすようにして脱出するという流れです。

1回目より状況は明らかに悪かったと思います。
これはもう国際救助隊呼ぶしかないかなと半分くらい思いかけてました。
でも、旦那殿は決して諦めませんでした。
押してもらって引いてもらって、当方もひたすらトライし続けました。
それでしばらく経ったら・・・何とか脱出成功・・・!
その先も雪が結構モッコモコでしたが、幸い対向車が来る前に戻ることができました。

この脱出でも旦那殿を置いて先に進んだ格好です。
さてどうしよう?どこで止まろう???
でも、もし中途半端な場所で止まったら再びハマってしまうと確信しました。
これはとりあえず登れるところまで登るしかない!
意を決して慎重にアクセルを踏んで進みました。

ちょっと進んだら道がまっすぐになり、上り坂のてっぺんが見えそうでした。
しかも、ちょうどバス停の前。ここで停めました。

b0013293_02533068.jpg
パーキングブレーキをガッツリかけて、外に出ました。
だいぶ進んじゃったかなぁ・・・追いつけるかなぁ?とちょっと下ったらすぐに旦那殿の姿が見えました。
あーーーよかった(;∋;)!!!

ちょうどここら辺が峠の境目だった模様です。
この後は300mも行かないうちにトンネルでした。後はもう下り坂。
なんだ―!あともうちょっとだったんじゃん(爆)と2人して苦笑い。。。w

帰ってからキョリ測で調べてわかったことなんですが、1回目のハマり場所からバス停までは600m程度でした。もし意を決して進み続けていたとしたら2回目はハマらずに済んだかもしれません。ただまぁ、2回も激闘して脱出できたんですから良い経験になったのだと思います。ありがたいことに、旦那殿も「雪道の経験積めたんだから良かったと思うよ(・ω・)」と同じことを言っていました。日頃仕事で2トントラックを運転していて、ぬかるみドハマりからの脱出もしたことがあると話していましたから、これはまだどうにかできると経験的に信じていたのでしょう。多謝ですなぁ(感涙)

恐らく当方1人では詰みゲーだったと思います。動かす人がいなければどうにもならないので、逆に旦那殿1人でも詰みゲーだったでしょう。2人だったから生還できたに違いありません。これって何というか人生と同じジャマイカ?!と、いうことで僕らはお似合いの夫婦なんだと思います(ぉ)この事象に遭遇している時はどうしたもんかという感じでしたが、終わってしまえばこれも愉快な思い出の1つになりますね。良い笑い話にできそうです(ぉぃw)・・・無茶振りしてホントにすんませんでしたorz

次回は雪がなくて天気の良い時に魚沼スカイライン十二峠入口から入って絶景を眺めたいです。そして、その時に「あの大雪の時は大変だったね」と今日の事をしみじみと思い出したいです(爆)めでたしめでたし(ぉぃ)

※スタッドレスタイヤでも車高が低めで4DWでない車の場合、雪が積もってくるとハマる可能性が高いようです。コンパクトめの普通車に乗ってて雪に不慣れな方は例え国道で除雪がなされていても安易に山道ルートを選択すべきではありません。平地に迂回して走っていった方が早いかもしれません。ナビはそこら辺の雪事情を考慮してくれないので、今日みたいな大雪の時は明示的に平地ルートで進んで行った方が良さそうですね。また、当方の場合は有識者が居たので助かっただけです。慣れてない方は無理だなと思ったら助けを呼びましょう。

あと、明日の方が凍結等ヤバそうです。新潟方面で泊まってから帰ってくる方は十分にお気をつけて!!


[PR]
by CHABO-online | 2017-01-14 23:59 | 日々是ぐぇ(・∋・) | Comments(0)
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 小出でカメラ(・∋・) 【'16 11/3】尻... >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.