―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
名前解決迷宮(謎)
先々週くらいに突然見えない力が働いて迷子になってる再構築サーバの話しよっか?(ぉぃ)
タイトル通りのことが起きてるっぽいです。名前解決が迷宮なんです。(意味不明)

名前解決って何ぞや(´∋`)?
えっと・・・当方もあんまりよく理解はしてません(ぉぃぉぃぉぃ!!!)

でも1つだけ確かに覚えていることがあります。
中村獅童似の元上司(ぉぃ)が3年くらい前に言ってました。
「ソイちゃん、いいかい?名前解決ってとっても大切なんだよ(^ω^)!」
しみじみと思い出しました。
今お元気ですか?実はまだ今も同じ拠点で(かろうじて)元気にしてます。
懐かしい話、おしまい。

ぶっちゃけ今も良く分かってる訳でもないんですけど(ぉぃ)、
これってスゲー大切なんだなって今更ながら思いました。

閑話休題。

名前解決って「ネットワーク上で、コンピュータやネットワーク機器につけられた名前からアドレスを割り出すこと。 またはその逆。 IPアドレスやMACアドレスなど、ネットワーク内の住所にあたるアドレスには、数値の羅列が用いられている。」ということです。
迷子の迷子の子猫ちゃん、あなたのおうちはどこですか?ってヤツです(ちょw)

適当に書きます(・∋・)w

『当方が運用しているい鉄応援用のブログの名前は「い鉄子の部屋へようこそ」で、URLがJUGEMブログ「http://soychicken.jugem.jp/」です。』
ブログの名前とURLが1対になって情報として存在している形。

当方のブログの名前をネットに向かってつぶやくと、URLが分かります(謎)
逆に、URLを唱えると当方のブログの名前が分かります。いうなればこれが名前解決できてる状態です。
どっちかの情報、お名前と居場所からもう片方の情報を割り出すという処理です。

さて、実はこの「い鉄子の部屋へようこそ」、元は別のブログサービスで運用していました。
かつてはgooブログ「http://blog.goo.ne.jp/gue_soychicken」だったんですね。

【2012年まで】
「い鉄子の部屋へようこそ」 : 「http://blog.goo.ne.jp/gue_soychicken」
【2013年から】
「い鉄子の部屋へようこそ」 : 「http://soychicken.jugem.jp/」

2013年を境にgooブログ版は「い鉄子の部屋へようこそ(旧線)」となりました。

さて、このような変化があったあとに、しかるべき処理がなされていないとどうなるか?

いつまで経っても「い鉄子の部屋へようこそ」と呼んでも、gooブログのURLしか出てこないということになっちゃいます。また、逆に「http://soychicken.jugem.jp/」というURLを叩いてもそこは「『い鉄子の部屋へようこそ』じゃないよ!」なんて言われてしまいます。

そうなっちゃうと困りますね、迷子ですからね。

当方が先週直面したのがまさにこれでして。
別の場所に置いて欲しい!と頼まれたので作ったばかりで作り直しを始めたんですが、置く場所を変えたのに幾ら名前を呼んでも返ってきませんorz
変えたはずなのに全然変わってくれないのです。
どうやら名前と場所の情報を管理する何か的なものが僕らでは手出しができない世界に飛んで行ってしまったからのようです。
だから、いくら名前を変えても変わったと認識されずに迷子になったと。。。

僕らの側で変更をお知らせできないと今後非常にマズイことになります。作り直しだけでなく、新しく作り出したものでさえも、迷子になってしまいますから。同じタイミングで作った別の新人は表向き迷子になっていないように見えましたが、もう1つの呪文で尋ねたら彼らの事を知らないと言われてしまいました。たまたま他の既存のシステムでフォローできていたように見えていただけだったのです・・・。

この「別の新人は表向き迷子になっていないように見えましたが、もう1つの呪文で尋ねたら彼らの事を知らないと言われてしまいました」を当方が把握していなかったことが実は問題だったのでした(汗)勉強が要りますねorz

あと、達人レベルの人から聞いたことを忘れないうちに書き留めておきます→「フツーはFQDN」

 * * * * * *





何の話だかサッパリかもしれませんが、これって物凄く大変なことです。
先々週に起きたらしい変化を即刻的確に把握できていた人は、当方も含めて誰もいなかったかもしれないっぽいのです。
(ちなみに当方がとばっちりを食らった本件の事象の前にも何かあったらしいんだよね。)

こちら側に十分知らされないまま、重要な変更が加えられていたこと。
下手すれば業務が全部止まってしまう危険さえあったかもしれないことです。
かろうじて既存の枠組みの1つが残っていたから大多数が救済されていただけで。

海の向こうの総本山の意向が最も強く働き、優先されること。これは会社の枠組みとして致し方ないにしても、他の地域に対して自分たちの振る舞いを周囲が受け入れて当然だという体制には、正直言って真っ当な組織と言えるのか?と思うのです。
十分な時間も与えずに、ほいほいブン投げてくるんですから。
まぁ、海外では如何に「勝ち取る」かなんでしょうね。でも、勝ち目は果たしてどこにあるんでしょうか?
こんなんで総本山以外の地域の組織は果たして幸せになれるんでしょうか?

当方みたいな外で通用するかも疑問なぽんこつこっぱが言うことでもないんですけどね!!www

でもこれだけは言います。

他の外資系がどうだか知りませんけど、いつまでもこういう事をしていると本当にいつかマズイことになるかもしれないよ、と。
無論、僕らは任務のある限り死守する所存ですが、そこまで組織を愛せていない他の人々がどう出てくるか分かりませんし。
別に特定のどこかがある訳ではありませんがね。

この国で、このちょっとマズそうな事態を改善すべく盾になり防波堤になり時に鉾になれそうな人、見当たらないんですよね。
これは今の当方の居場所に限らず、この国自体にも言えることなのかもしれません。

ここで適当に綴った駄文が先日の駄文にリンクしたりするかもです。

全然収拾ついていませんがそんな感じですw

総本山の連中は恐らく船が沈みでもしないと気が付かないかもしれません。
僕らは一応帰れる場所があるので、連中が沈んでも最悪しょーがないとできますけど
それでは僕らと共に働く「彼ら」。。。他に行き場のない「彼ら」が本当に可哀想です。
当方にできることは大してないですけど、打開できる何か頼む。

今綴ったことを数年後に読み返し、その後どうなったのかを、その時の当方に語ってもらえるのならば幸いです。

\(^∋^)/ドントコーイwww

[PR]
by CHABO-online | 2016-12-12 22:22 | なんちゃってIFRだNE!
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-

<< 【UTLTC】My星取表 12... 【1/16】津軽海峡線のオアシ... >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.