―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
(7/21)sneak into Goura.
【7/21(火)】
スネークゴーラ(謎)の回になります。物凄い勢いで写真載せまくります。
においや空気はお伝えできませんが、当方が感じたものを綴っておこうと思います。

※駅とか電車の画像は別記事になります。
「(7/21)小田原通りがかったから箱根行ってみた(鉄分補給 編)」
http://chabonline.exblog.jp/24726149/

それでは(・∋・)ゞ

(続きを読むへどうぞ)




箱根登山電車の終着、強羅駅。かれこれ乗り継いで16時ちょっと前に着きました。


(箱根湯本で強羅行きの電車に乗った時に硫黄臭を感じました。ちょっと驚きました。
 前からそんな感じだったんですかね・・・?)

まずは自分の足で歩けるところまで歩いてみることにしました。
b0013293_2532837.jpg
↑箱根山に背を向けてパチリ。大文字焼きの場所が見えていました。8月中旬だそうですが、果たして・・・?

地図で見たら大した距離はないと、ナメてました。
b0013293_2553932.jpg
↑結構すぎる坂です。自転車はアシストでも厳しいのではないでしょうか?!

暑かったので日陰を選んでゆっくり歩いていきました。
b0013293_2565747.jpg
↑こんなスゴイ坂の所によく建てたなぁと感心するほどです。

歩いて行くと視界が開けてきて、箱根山が見えて来ました。
b0013293_2591095.jpg
↑あの山の向こうが大涌谷ですよね。山の向こう側が白く曇っていました。山に沿った形で雲が湧いている感じでした。最初これを見て、ああ曇っているのねくらいにしか思っていませんでしたが、足を進めていくうちに凄さをじわじわと実感していくことになるのでした。

強羅公園の上側の入り口。
b0013293_311215.jpg
↑入場料もかかりますし、ここは主目的ではなかったのでパス。お客さんはチラホラいました。

公園上駅前にて。
b0013293_323581.jpg
↑カフェはこの日は営業していないっぽかったです。下のお土産屋さんは営業していましたがお客の姿は見えず。(16時台だったし・・・)

ベンチで一休みしてから中強羅駅まで歩きました。その後はケーブルカーで早雲山駅まで行きました。
b0013293_342959.jpg
↑ロープウェーは運休。並行するようなバス路線もレベル3引き上げに基づく警戒区域設定に伴い運休。つまり、ここから先に接続する交通機関は何もない状況です。車内でも駅でもお詫びする旨の案内をしていました。早雲山駅で降りた時、何人ものスタッフさんがいらっしゃいましたが、皆さん申し訳なさそうでいて表情もやや硬めだったようでした。大涌谷の状況が状況なだけに不安もあるのだろうと思いました・・・こんな状況下で従事されている方々に頭が下がります。

小田原方面の風景を眺めました。
b0013293_38650.jpg
↑ここからも海が何となく見えました。ビックリです。

時間を見ながら県道の方へウロウロすることにしました。早速見つけました。
b0013293_3103080.jpg
↑ここから歩いて大涌谷に行くことも出来たんですよね。ハイキングコースがあるので。勿論通行止めです。

県道方面へ少しずつ歩きはじめました。
b0013293_3113428.jpg
↑この日は風が特に強かったのですが、それにしても低い空を流れる雲が異様に多く、何だかちょっと白くて濁っているように思えました。

箱根に前回来たのは9年くらい前です。あの時は確かロープウェーに乗りました。
往復で乗った覚えがあります。ただ、来た覚えはあるんだけども、詳細を思い出せません。
b0013293_312524.jpg
あの時はまだコンデジを持っていませんでした。携帯カメラとフィルムカメラでした。
今のように熱心に撮る程でもなかったので・・・写真が後で見つかるかどうかですね。
b0013293_3125924.jpg
↑見た記憶はあるけど、やっぱり詳細が思い出せません・・・悔しいです。

空を改めてみると、やはり違和感を覚えてパチリ。
b0013293_317463.jpg
↑うまく撮れていないんですが、この白い雲は他の上空の雲と明らかに様子が違いました。低い方がやっぱり濁って見えました。

そして交差点。
b0013293_3212618.jpg
交差点の右は通行止めの表示が出ていました。
b0013293_3213540.jpg
警戒区域からちょっと出たギリギリの場所です。
b0013293_3232122.jpg
↑1ヶ月前までは普通に車が行き来していたはずの場所です。
6月末にごく小規模な噴火が発生したことで警戒区域が拡大されました。

この場所に来ても強烈な硫黄の臭いがした訳でもありませんでした。
ただ、強羅駅を出て歩いている時から何となく喉が痛くなりそうな感覚がありました。
あと気になったのは音。飛行機とかヘリコプターが飛んでいるかのような音がしました。
早雲山に着く前からも微かに聞こえていました。
最初は取材のヘリかなぁ?と思っていました。でもここにきて違うと確信しました。

当方が耳にしていたのは大涌谷方面の噴気の音だったのです。
参考になりそうな動画を貼っておきます。(動画提供ありがとうございます。)

「ゴーーーーーーーーーーーー」という音です。時折同じような音が聴こえました。
以前がどうだったのかわかりませんが、1キロ先でも普通に聴こえたものなのでしょうかね?

通行止め看板の前で耳を澄ましていて、ちょいちょい聞こえる音の正体が噴気の音だと理解し背筋が涼しくなりました・・・。
b0013293_3341525.jpg
↑1キロ離れていて直接谷の様子を見ることはできないものの、気味の悪いものを感じました。近所の旅館さんは現在も営業されているとのことですが、大変だろうなぁと思います・・・。

待っていればケーブルカーで下に降りられますが、そんなに距離もないし途中から乗ればいいかと思い、歩いて降りることにしました。

歩いているとさっきより空が曇っているように見えました。大涌谷方面の低い空の方はやはり雲が暗く見えました。
b0013293_3392970.jpg
↑雨が降っているようにも見えませんでしたから、この雲は噴気に由来するものではないかと思いました。暗いのは噴気に色々含まれているのでは・・・と。(火山灰は普段混じっていないと言われていますが、本当にそうなのかちょっと疑ってみたくもなりました。)

今は使われていないと思しき保養施設の入り口あたりで。
b0013293_3393554.jpg
↑元は某保険会社(当方の常駐先ではないですw)の保養施設だったらしいですが、既に運用を終了していて最近手放されたらしいです。

ここを通るバスは運休のため、バス停には張り紙がされていました。
b0013293_3394233.jpg
↑代替は箱根湯本辺りからのバスみたいですね。

強羅の地名看板のある通り。
b0013293_3451250.jpg
↑向こうに抜ける道が閉ざされていますし、平日だからか閑散としていました。時々何台か車が通って行く程度。当方のように歩いて散歩している人はほぼ皆無でした。ケーブルカーに乗ってそのまま折り返して戻る人がほとんどなのだと思います。

強羅駅まで600メートルしかないの?!ってことで駅まで歩行継続にしました。
b0013293_3481474.jpg
↑距離はないんですよね。ただ坂が物凄い。

写真を撮りつつ物凄い勢いで降りて行きました。
b0013293_348599.jpg
↑カフェ。本日の営業は終わったっぽかったです。

わびさびですなぁ。。。(・∋・)
b0013293_3494426.jpg
↑何の施設かは謎でした。

行きは大変、帰りはあっという間。
b0013293_3513100.jpg
↑転ばないように気を付けつつ速足モードで歩き抜けました。

紀州鉄道さんのホテルがあるんですね。
b0013293_3522769.jpg
↑不動産がメイン事業で、和歌山のローカル線を運営しているんですよね。
箱根がエライことになると箱根のローカル線はもとより、遠く離れた路線にも影響が及ぶのかもしれないとふっと思いました・・・。

それにしてもオシャレな施設が続くなぁ・・・とスタスタ。
b0013293_3573210.jpg
↑こちらはアネックス(別館)だそうです。

また振り返ります。
b0013293_3584455.jpg
↑この時も白い雲が山にまとわりついていました。

風で低い雲が向こうの山に当たるように流れていました。
b0013293_412942.jpg
↑あの雲の中に入ると一体どうなるんだろうと気になりました。「対岸」の山に登る時にも注意が要るのかもしれないとも思いました。

何度見ても白い雲。
b0013293_43281.jpg
↑やっぱり普通じゃないよなぁと思ってしまいました。通常の量を知らないので何ともなんですが。

強羅駅まで戻り、地図を見ました。
b0013293_445189.jpg
↑何とも複雑な気持ちでした・・・。

この後は登山電車で山を下りました。

途中、スイッチバックでも低い白い雲が遠くに見えました。
b0013293_45421.jpg
↑当方が覚えた違和感が勘違いであればいいなと思うほかありませんでした。

この日、火山性の地震は10回もないくらいでした。
ただ、当方が滞在していた時間帯(16時台)は丁度二酸化硫黄の濃度が高めだったようです。
b0013293_475947.jpg
↑0.100を超えると赤字になります。ギリギリ基準値内ですが、高い値であったことに違いはないでしょう。
当方は喉と気管支が弱めっぽくて、喉が痛い感じがしたのにも納得しました。
低い時はもっと低いですが、十分お気をつけてとしか言いようがありません。

そんでもって、帰宅途中で知りました。昼過ぎにこんなことがあったんですね(汗)


>活発な火山活動が続いている箱根山の大涌谷で、21日昼過ぎ、
>噴煙の中にわずかな量の­火山灰が混じっているのが確認されました。

火山性の微動や空振はみられなかったので大事には至ってなかったそうですが、もしかするとがあったかもしれません。地震の数だけで判断できないものなんでしょうね・・・。

自宅は箱根から結構離れていますが、同じ首都圏ですから今後の動向に留意がいるでしょう。
近くまで見に行ってみて、やはり普通の状況ではないと実感しました。
今後も引き続きニュースや数値の推移等、適宜チェックしていようと思います。

いずれにしても、大きな被害が生じることなく沈静化していくよう願っています。
大人しくなってきたら2人で行きたいので。いつかまた。

長くなりましたがこの辺でスネークゴーラの話はおしまいです。
提出「(・∋・)

[PR]
by CHABO-online | 2015-07-25 23:59 | どっかへ行った。 | Comments(0)
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< (7/22)海の日「3日目」(... (7/21)小田原通りがかった... >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.