―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
(7/21)小田原通りがかったから箱根行ってみた(鉄分補給 編)
【7/21(火)】
お待たせいたしました。(待っていた人がいたかはさておき。)
ハコネギアソリッドです(謎)小田原を通りがかるということで、箱根にも足を伸ばしてみました。このご時世なので些か心配もありましたが、オンチケンの情報を確認し火山性地震も比較的少ない状態でしたから強羅行きを決行しました。

写真が多いので鉄分補給編と強羅スネーク編に分けます。
今回は鉄分補給編。純粋に旅日記として楽しめると思います。

※「い鉄子」にも箱根登山鉄道の写真を先行アップしていますのでどーぞ。
【外部リンク】http://soychicken.jugem.jp/?eid=1112

やってきました小田原駅(・∋・)
物凄く今更ですが、小田急って小田原に来るから小田急なんですよねと実感。

b0013293_23134922.jpg
↑ちょうど小田急が人身事故で遅れていたみたいでした。
ロマンスカーはこの後運休になりますとアナウンスしていました・・・(滝汗)
以前小田急に延々と乗ってみる旅はしてみた事があったような。いつの事か忘れましたorz

箱根登山鉄道の方は運転系統が全く別なので影響は特になく平常でした。(注:ロマンスカー除く)
b0013293_2314159.jpg
↑デッカイ荷物を転がして移動されている方もチラホラいました。日本語以外の言語をしゃべってらっしゃる方も結構多かったです。大半が中国語でした。。。

箱根湯本に到着。
b0013293_23192569.jpg
↑ようこそ箱根へ。ここは箱根の玄関口なんですよね。

乗ってきた電車と反対側のホームに別の電車が停まっていました。
b0013293_23193832.jpg
↑ロマンスカーですよね。調べたら「ロマンスカー・EXE」だそうです。通勤通学にも利用しやすい、乗車定員の多い型らしいです。ホームライナー的なものでしょうね。

ここから先は本格的な登山電車になります。
b0013293_23194774.jpg
↑本数が案外多くてビックリしました。流石は一流の観光地。火山の動向が気がかりですが・・・。

い鉄子にも貼った「アレグラ」さんです。
b0013293_2325652.jpg
↑どうしてもあの花粉症の薬を思い出してしまうのですが(紫色じゃないんですよねw)、れっきとした西洋の言葉で由来はちゃんとあるそうです。

後ろに既存の車両をくっつける編成というのも興味深かったです。
b0013293_23271143.jpg
↑3両編成だとあの手この手なんですかね。

(写真はまだまだ山盛ですので続きへどーぞ)




紫陽花はギリギリセーフで楽しめました。
b0013293_23291260.jpg
↑もうすぐ終わりそうでしたが、かろうじて綺麗な花を楽しめました。
箱根登山電車で紫陽花を楽しんだのは今回が初めてだったと思います。
また次回がありますように(切実)。

強羅に到着。
b0013293_23325094.jpg
↑行きは真ん中編に乗っていたので2000形だったようです。こちらは箱根登山電車として初めて導入された冷房車だったそうです。確かに涼しくて快適でした。(途中ですれ違ったもっと古い電車は窓を開けて走っていました。あれはあれで羨ましいかも。。。)

ここからはケーブルカーが接続していますが、着いた時はそのまま乗ることはせずにまず自分の足で歩いてみました。
b0013293_23342152.jpg
↑またあとでね(後日談風に記載)

強羅まで来るとそれなりに硫黄の臭いがしました。
そういえば、箱根湯本で電車に乗る時には車内から硫黄の臭いがしたような・・・。

強羅駅を出て歩いてみましたが、物凄い坂でした。
道が舗装されていて広いものの、ガチで登山レベルでした。
頑張って歩いてみたものの、時間的にも体力的にもちょっとヤバくなってきたなぁと思った時に辿り着いたのが中強羅駅でした。
b0013293_2341341.jpg
↑アパートみたいな建物(写真うつってないけど左側)が駅前にありました。ホテルの社員寮らしいです。

駅のホームに入ってみました。
b0013293_2351327.jpg
↑ケーブルの動く音が延々と鳴り響いていて不思議な雰囲気でした。駅には構内踏切はありません。どうやって対岸に渡ればいいのでしょう?と、思ったらケーブルカーが着く時に両方とも扉が開くんですね。その時に通り抜けて渡る人も居るのかなぁと推測。

ということで、2駅分だけ乗りました(・∋・)
b0013293_23545882.jpg
↑写真撮ってる時点でもう次の駅でしたw

切符持ってなかったので整理券です。
b0013293_053210.jpg
↑終点で精算しました(・∋・)

この後、早雲山で降りてから歩いて降りて(!)、強羅に戻ってきました。
b0013293_0122445.jpg
↑帰りも3両編成。来た時と同じのだったっぽいです。

折角なので新型車両側に乗ってみました。
b0013293_0124329.jpg
↑運転席の所の窓も広いですね!

終点までのんびりアレグラ車内で楽しみました。
b0013293_0125070.jpg
↑夕方だったので快適な乗車率でのんびりできました。ただ、何もなかったならもっと人が多く乗っていたのかなぁと思うとやはり複雑な心境になりました。

初めて乗ったと思います・・・箱根登山電車。
今後山がどうなるかによると思いますが、遠くながら経緯を見守っていきたいと思いました。
そしてまた登山電車を無邪気に楽しめる状況に戻るようにと願いつつ・・・。

今回はこの辺で提出です。ご乗車お疲れ様でした。

(強羅潜入編は次回記事となります。)

[PR]
by CHABO-online | 2015-07-25 22:00 | どっかへ行った。 | Comments(0)
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< (7/21)sneak int... (7/21)海の日「2日目」(... >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.