―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
【1/31】満喫!冬の北陸車窓(・∋・)その4
※前回記事→http://chabonline.exblog.jp/24134234/

【1/31(土)】
越中宮崎を出ると、左側に小さな家屋が幾つも見えました。
b0013293_1295612.jpg
↑多分、番屋だと思います。中には物凄く古くてもう壊れてんじゃね?(汗)くらいに味のある建物も散見されました。でも電線が張ってあるので使っているのでしょう・・・か?
b0013293_1305615.jpg
↑番屋ストリートが途切れると、再び海が目の前に迫ります。
b0013293_131651.jpg
↑市振駅にて。ここから新潟県です。でも、気分的にはここまで富山という感じさえもするような。。。

市振~親不知駅間はトンネルが大半です。トンネルからひょっこり出た瞬間に国道沿いの展望台がばっちり見えましたが、余りにもあっという間で撮りようがなかったです(爆)

それからまたトンネルに入ってから出ると、見覚えのある道が見えてきました。
b0013293_1311235.jpg
↑北陸道です。少なくとも2回くらいは通りました。
それにしても、親不知の辺りはスゴイ道の造り方してますよね。
トンネルの掘りようがなくて海の辺りを通さざるを得なかったのかなとも思いました。

更に国道6号線も目の前に現れてきます。
b0013293_1312348.jpg
↑ああ、もう親不知近いなとすぐに分かりました。列車から眺めるのは初めてでも、向こうから何度か見ましたから。

次は、親不知、親不知。
b0013293_1313288.jpg
↑海側は高架が張り巡らされています。前にも通っていたので予想はできていたものの、思った以上に高架が視界を占領していました・・・。

そして親不知駅に到着。
b0013293_1313949.jpg
↑冬でなくても何となく寒々しいですね。かといって、海だけが見えた方が良いかというと、そうとも言い切れません。それはそれで寒々しい寂寥感を帯びた光景だったことでしょう。親不知は昔は旅の大きな難所。この場所で命を落とした方も少なくないかもしれません。史実を知っているだけに、海を眺めてお気楽にいい景色だねなどとは思えないかなぁと・・・。物凄く便利になった現代にここを訪れるからには、先人たちの苦労をねぎらい感謝して通りたいものです。

親不知も集落があります。「歌」という名前の集落だそうです。詳しい由来は知りませんが、この集落に暮らしてきた人々は多くの旅人を静かに見送っていたのでしょう。集落に住む者は旅人の苦労を肩代わりすることはできません。あくまで見守るのみ。そこで、せめてものハナムケとして、もしくはここで旅が終わってしまった人々を慰めるために、音楽とか何がしかの芸術活動を行なっていたのかもしれません。それがこの集落の名前の由来の1つであると、当方は勝手に想像します。

キリスト教か何かの言葉にあります。歌うことは倍祈ることだと。
それがここにも通じるのかもしれないと思ってみました。。。(´∋`)
旅は歌につれ。そしてまた、歌は人生。音楽好きな当方ならではの発想ですなぁ。


(適当に続きます♪)


[PR]
by CHABO-online | 2015-02-19 23:59 | どっかへ行った。 | Comments(0)
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 東陽町で火事。。。 迷ソーニー(謎) >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.