―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
はじめまして&さようなら江差線
今日でついに廃止となってしまいましたね。。。(;∋;)
タイトル通り、当方は先週に最初で最後の江差線でした。
おもむろに写真を投下していきます。。。

【5月4日(日)】
函館からレンタカーで木古内まで向かいました。
b0013293_1393464.jpg
↑そういえば、「知内」って駅があったけど無くなったんだっけ。。。と標識を見て思い出すなど(涙)

駅前にはコインパーキングといった便利なものはないので、(駅の駐車場は特急利用者だけだし・・・)
近所のスーパーでお買い物をしてからおもむろに駅に向かいました(サーセン)

木古内(キコナイ)駅です。
b0013293_1512377.jpg
↑そういえば、駅舎の時計の針どっか行っちゃったんですかね?!

明日(5/12)以降は木古内駅が北海道最南端の駅となるようです。
名実ともに「北の大地の始発駅」となるわけですが、消えてゆく駅を目の当たりにして
木古内駅は複雑な心境でいるのではないでしょうかね・・・(´∋`)
そして背後には新幹線。新幹線の駅が設置されるとはいっても、彼にとってなじみがあるのは在来線。
ますます複雑な気持ちなんだろうなぁと想像します。

閑話休題。





木古内駅にはポスターがデッカデカと出ていました。
b0013293_1551066.jpg
↑「うーん・・・何を今更・・・」と思ってしまうのは、きっと当方の心が汚れているからなのでしょう(爆)町が引き取って独自路線で頑張るという選択肢は取れなかったのでしょう(財政的に)。本当にどうしようもなかったのですよね、きっと。だからこれがせめてものハナムケだという理解で良いのかなと。(あっでも木古内町の方だったら本線が残るからまだマシなんですよね・・・これ以上は言わないでおきますorz)

流石に黄色いレールバスでコレは見たくないので、決意を新たにしたいですね。。。
(でも2020年にどうなっているかはまだぶっちゃけ分かんないんですよ?これからが正念場です。)

電光掲示板。もう次に来るときにはコレは見られないという。。。
b0013293_22350.jpg
↑4番線は今後どんな風に使われるのでしょうか。(使われなくなってしまうんでしょうかね・・・)

乗る列車はキハ40でした。
b0013293_234526.jpg
↑この顔を見て、すぐに只見線を思い出しました。色使いもどことなく似ていますし。

記念の往復切符で行きました(・∋・)(・ω・)
b0013293_283029.jpg
↑1人1860円、2時間ちょっとのツアーです。

しばらく乗っていると、駅ではない場所に駅っぽいモニュメントがありました。「江差線天の川モニュメント」なる場所だそうです。
b0013293_2115884.jpg
↑このポイントはチラホラ賑わっていました。廃線後、この場所の扱いはどうなるのでしょうかね。

山を越えると向こうの山には風力発電の風車。手前には田んぼや畑が広がるのどかな風景でした。(この写真だと風車は写ってないかも)
b0013293_2143889.jpg
↑山の高さは違いますが、こののどかさが「いすみっぽい」と感じました。

列車に乗っていると、列車の走行中の写真が撮れない。と思いきや、意外な方法で出来たりします。
b0013293_216051.jpg
↑たまたまパシャパシャやってて撮れたものです。駅に停まっている時にふと気が付いてシャッターを切ってみたら案外綺麗にできていました。この窓に列車が写る日も、もう僅かなんだと思いながら通りがかりました・・・。

停車時間12分で立ち去るのは、かなり惜しかった駅・・・。
b0013293_2184030.jpg
↑次を待っていると2時間後。車の返却時間に間に合わなくなるので、後ろ髪をひかれるように折り返しました。

10年くらい前、家族旅行で江差に来たことがあります。
江差と言えば「江差追分」という独特の民謡が生まれた町です。海外にも支部があるという愛好会的な組織が存在しています。会員数が3000ですから、凄いですよね。この時は追分会館に立ち寄り(親父の趣味でw)江差追分を聴いてから、会館におられた青坂満先生(江差追分について師匠と呼ばれる重鎮です。)と記念写真を撮ってもらった覚えがあります。

時間があれば今回の旅で行ってみても良かったんですが、残念ながらパスとなりましたorz音楽を趣味としている者としては、民謡にも少々興味があるものですから、そういう意味でもまた次回行ってみたい訳です。

かあぁああぁぁんわぁぁあぁあぁぁきゅうぅぅぅうぅぅぅううぅだぁぁあぁあぁぁあぁぁあいぃぃぃぃいぃぃ(謎)

江差駅で折り返し列車に乗る時はこんな感じでした。
b0013293_229195.jpg
↑菜の花シーズンの夷隅と似たような人出でした。

ゆっくり楽しむにはもう少し早めに来るべきだったかなとも思いつつ。
そしたら発車間際に迷子が発覚。即座に駅員さんや車掌さんが総出でお呼び出ししていました。
無事に迷子さんは見つかったようです。よかったよかった。
こういう所はローカル線の良さだなぁと思いました。

今度は木古内へ来た道を戻ります。。。
動画は往路でガッツリ撮れたので、ロングシートから向こうをパシャッと撮りつつ過ごしました。
b0013293_2323197.jpg
↑海がバッチリ見えました。埼玉県民の憧れです。(こういう場所は海が荒れると大変よね(汗))

いつの間にか揺れが心地よくて、湯ノ岱を過ぎたあたりから夢の中へ。。。
目が覚めると1駅手前でしたとさΣ(´∋`)まあ、寝ちゃうのはいつものことですねw

木古内に着いてから、そういえば撮ってない!と思い出してパチリ。
b0013293_2361398.jpg
↑そういえば、残るのは非電化区間ではないので、このキハ40達はどこへ行くのでしょうか・・・?またどこかで会えればいいなあとも思いました。

一通り写真を投下してみたところで、とりあえず提出です。
今夜はキハの夢を見ながら寝たいです。お休みなさいたま新都心(涙)

【ご乗車お疲れ様でした。次の停車駅は???です。(このブログはミステリートレインにつき(謎))】

[PR]
by CHABO-online | 2014-05-11 23:59 | どっかへ行った。 | Comments(0)
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 参戦したった!w スティッチ色の車が来ます(ぉぃ) >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.