―城見ヶ丘の扉が今、開かれる。
(11/24)初走破!雁坂こえて山梨へ(・∋・)(・ω・)その1
前回記事⇒http://chabonline.exblog.jp/19614141/
今回ご紹介するのは大体ここらへんです(・∋・)<ぱわーど・ばい・やっふーちず!
b0013293_0363632.gif
↑この日は秩父市(旧大滝村)から山梨に抜けました。

ところで、パソコンで「大滝」と入力しようとして何度も「大多喜」に変換されて苦労したのは内緒。
(これ、埼玉県民のパソコンなんですけど・・・www)

さて、愉快な分岐ありトンネルを抜けて国道140号線(新道の方です)を甲府方面へ走っていると、突如高架のようなものが見えて参りました。
b0013293_039978.jpg
↑ん、なんだこれ?まさかあれを上がって行くんじゃ。。。(;・∋・)?

はい、その通りでした。

この橋脚はとってもでっかいループ橋の一部分なのです。



ちょっと走って登ると駐車スペースがあったので、車を停めて連チャンでパチリしてみました。

右から左向け左していきますので、どーぞ(・∋・)
b0013293_0434819.jpg
↑おお、でっかい橋ですなぁ~!

では2枚目(・∋・)
b0013293_044379.jpg
↑写真の右下の道が、冒頭で橋脚を目撃した辺りになります。あの辺からドバァ~ンと上がってくるわけですね。

ではでは3枚目(・∋・)
b0013293_0441585.jpg
↑山に隠れてしまっていて、あるものが見えそうで見えませんでした。ループ橋を見るにはいいのですが、ちょっと惜しい気が致します’(爆)

ちなみに、このループ橋を作った辺りには集落があったそうです・・・。広場に看板がありました。
b0013293_0504899.jpg
↑往年の地図が描かれていたものの、当時を知らない当方にはイメージができませんでしたorz2枚目どーぞの写真で写っている辺りだとは思うのですが。

※検索してみたら、廃村跡の訪問記を発見しましたのでご参考までに。
◆十々六木(とどろき)
【外部リンク】http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/11.Saitama/Otaki_Todoroki.html
⇒集落紀行というページのようです。表紙に飛んだら真っ白で、どなたが作ったかは不明です(汗)ともあれ、貴重な資料のご提供ありがとうございます。


えーと、何でこんなもんがあるかというと、これが出来たからなんですよね!
b0013293_10197.jpg
↑滝沢ハム・・・じゃなかった!(ぉぃ)滝沢ダムです。

1969年に計画が発表されましたが、実際に本体の工事が始まったのは1999年だったそうです。
移転の対象となる戸数が多く、補償問題が長期化したからだったとのこと。
そりゃ。。。そうですよね(´∋`)どっかの空港だっていまだに争っていたりするみたいですし。
しかしながら、ここんちの場合は強制収用することをせず話し合いを続けて収拾をつけたっぽいです。まぁ最終的に金で解決することには違いはないのかもしれないですが(ぉぃ)、それでも、粘り強く対話を続けたという話が本当であるならば、当時の建設担当者には頭が下がりますね。

そんでもって本体自体は2008年くらいにできたものの、地滑り問題などがあって対策工事が追加で実施され、正式に完成したのは何と2011年の3月末(驚)6月18日に完成報告会と除幕式があったそうでニュースになっていたかもしれませんが、全然覚えていませんでした。(その日はホタルウォッチングトレインに行っていたようです)

それにしても、物凄く息の長い事業でしたね。
当初計画を策定した人達の中で今の姿を見ることができるのは、当時の若手だけではないでしょうか。
ダムの完成を夢見ながらも、虹の橋を渡って行った方々は沢山いらっしゃるのでしょうね。。。(´∋`)

ダム事業が本当に必要なものなのかどうかとか効率がどうかとか、難しいことはおいといて。
滝沢ダムへ観光に訪れた人々から、この雄大な姿に魅かれた!また来たいという声がありました。この事業で払われた犠牲も忘れてはなりませんが、ダムの存在が評価され認められているということは、素晴らしい事だと思います。この事業に携わった数多くのイニシエの人々も草葉の陰で喜んでいたらいいですよね。

首相がコロコロ変わる国として有名な日本ですが、こうした息の長い事業を腰を据えて行う事ができる国民性というのは、なかなか真似できないものではないでしょうか。まだまだ捨てたもんじゃないですよね。
そんでもって、こうした国民性を過去のものにすべきではないとも思います。

景気が悪くなるとどうしても今日を生きるので精いっぱいになってしまいます。
日銭が無ければ生きていけないのですから。(国も借金だらけでお金に余裕ないみたいですし(爆))
そうなると、あんな息の長くてスケールの大きくロマンのある事業というのを実施しにくくなってしまっているのかもしれません。

まずは目先の生活ですが、もっと先に夢がない生活というか世相ってどうにかできないのかなぁと思ってしまいます。

・・・やみくもに出費を減らしたからって幸せになれる訳でもないのに。

みんなお金使えないんでしょうね。
先がわからないし、何というか夢とか希望とかそういうのが見えにくいから。
若者はお金がないので尚更使えない。同情するなら金をくれ!(=給料上げろ)ですよw

うはw
これ以上ヒートアップすると50代以上のオッサン達にケンカを売りそうなのでこの辺にしておきます。
(「若者はお金がないなりに工夫してて感心する」とか言われると、お前らがちゃんと給料よこさねぇからだろバーカwwwと一瞬言いそうになってしまうのも内緒です・・・別にオッサン世代wが嫌いな訳ではありません。多分単なるじぇねれーしょんぎゃっぷって奴ですよきっと。(注意:だからと言って、決してオジサン趣味ではございませんからそこんとこくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」))

ちょw旅の話から何でこんなにそれてるんですかねΣ(;´∋`)
恐らく、仕様でございます(笑)

(気を取り直してまだまだ適当に続きますwww)

[PR]
by CHABO-online | 2012-12-11 23:59 | どっかへ行った。 | Comments(2)
********************************************************
-=-☆-=-☆-=-☆【こちらもCHECKすべし!!】☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
⇒⇒⇒≪千葉中房総≫ふるさとの心を乗せて いすみ鉄道 www.isumirail.co.jp
⇒⇒⇒≪オンライン≫いつでもお買い物!いすみ鉄道WEBショップ isumirail.com
⇒⇒⇒来ねんけ?いすみ鉄道!「いすみ鉄道応援団HP」 isumi-rail4u.com
⇒⇒⇒≪いすみ鉄道を応援する埼玉県民のブログ≫「い鉄子の部屋へようこそ」
⇒⇒⇒≪ミニブログ≫自称一番弟子のタンブラー!(PC・スマホ推奨)mapp-isumirail
-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-
Commented by 赤い酔星 at 2012-12-15 18:24 x
雁坂トンネル。

私が土木屋さんだったころに掘ったトンネルです。
元気にしておりましたでしょうか・・・
Commented by CHABO-online at 2012-12-16 23:48
>赤い酔星様
こんばんは!そうだったんですか(・∋・)!
初めて通りましたが立派でしたよ。
かつては開かずの国道・・・でしたっけ。
あんな山の中に立派なトンネルがあるってスゴイと思いました。

by soychicken

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< やらないやらない詐欺(爆) 1週間でエライコッチャ(@∋@) >>



Copyrights(C) 2004-2017 soychicken, app_isumirail  All rights reserved.